ハウス増設日記
昨年度より、ハウスの増設を決意し、いろいろ準備してきました。
3月に(有)ひかりファームを設立。下準備を完了し、県や市から増設の承諾を頂きました。
そして4月より、念願の増設工事が始まりました。

 7月20日
定植後のハウス  新しいハウスに、定植をすませました。
サッ風景だったハウス内に、緑色が加わることで、なんとなくホンワリした感じになりました。
 大急ぎで、誘引準備にかかります。夏場のトマトは、アッという間に大きくなります。
 (クリックで、拡大写真(^_^)。
定植作業
 7月16日 完成致しました。
 とうとう、完成いたしました。
梅雨時期の工事で、工期がとても心配でしたが
空梅雨のおかげで、何とか無事完成致しました。
 内部など、詳しくご案内します。
  
ENTER
 7月13日 水耕のプラント完成
水耕のプラントが完成しました。暑い中での工事で大変でしたが、妥協することなく、きれいな仕上がりで感謝しています。プラント業者の3名は、夕方に帰路に着かれましたが、お疲れのところ、無事疲れるよう願っています。
 ハウス工事も終盤になってきました。残りは、カーテンなど、数点。20日の定植にどうにか間に合いそうです。
 7月7日 連日の猛暑に参っています
 晴天続きで工事進みが、遅れ始めました。
と言うのも、ハウス内温度にあります。40度は軽く超えていると思います。5分間いるだけで汗ダクダク。
 私たちが、トマトの管理にハウス内へ入る時は、遮光カーテンを引いて涼しい状態で入りますが、建設中のハウスではまだカーテンがない状態。作業の進捗上、最後になってしまうのだそうです。本来なら、梅雨のさなかでこんな事にはならないはずなんですが、皆さん、もう夏バテぎみで
参っておられます。
 5月には、空梅雨を期待していたのですが、まさかこんなにも暑い日が続くとは。神様、一雨お願いします。
 6月30日 水耕プラント工事始まる。
屋根のフィルムも張り終わり、ハウスらしくなってきました。上の写真は、ハウス内のカーテン工事
の様子。高所作業車にて行われています。
 サイドでは、水耕の配管工事が始まりました。
大阪の業者さん3人が、泊まり込みで来てくれています。トマトについての生字引みたいなオヤッサンです。私の頼もしいアドバイザーで、本業の1つが、プラント工事。
 何よりお酒が大好き。私もよく一緒に飲みます。
 6月14日 組立順調
 梅雨とは思えない快晴に、遅れを取り戻そうと工事は急ピッチで進められています。
 今日は、レッカーが来て、屋根の部分の組立が始まりました。5人のとび職のかたで、手早く組立が進んでいきました。
 夕方、ジュース作りから帰ると、屋根部分が粗方組み立てられていました。
 もうしばらく、好天が続くことを願いたい。
 6月10日 ハウス資材搬入
 遅れていましたが、予定通りハウスの資材が搬入されました。4トントラック6台分の資材が下ろされました。
 今日は、友引、と言うことで昼から立上げ工事が始まりました。私は、まったく気にしていませんでしたが、工事関係者や、妻は気にしていたようです。いずれにせよ、安全に無事工事が終了するよう、願います。
 夕方には、柱が並び始めました。明日からは本格的に、組立が始まります。何でも台風が近づいているとか?天気が気になります。
 6月9日  井戸工事終了
 井戸掘り工事が終了しました。33メートル掘削したところで、いい水源が確保できたそうです。
 朝から、大きなレッカーで、機械の搬出作業が行われました。すぐに次の工事現場に、据付にいくのだそうです。
 この井戸の水は、トマト用に使うだけでなく、私たちのところでは、融雪用に使います。
 今度のハウスは、屋根が2個くっいたギャクW型なので、冬には谷間に雪がたまります。その雪を、井戸水で溶かす仕組みが必要となる訳です。なんでも毎分500リットル以上の水が、必要なのだそうです。
 雪の降る地方での園芸は、いろいろと経費がかかります。
 5月28日 埋め戻し終了
基礎工事が終了し、きれいに整地が終了しました。これから、鉄骨を立ち上げていくことになるのですが、5月17日にお伝えした通り、残念ながら6月10日頃まで、工事は中断となります。
 梅雨も近づき、晴天が続いているだけにとても残念です。
 どこかの健康食品会社のように、「ついてる。」10回言って、気持ちを切り替えます。
 5月25日 タンクの据付
深さ1.6mほど堀り、タンクが埋設されました。1.4mほど掘り進むと、もう水が出てしまい、水をくみ上げながらの作業になりました。
 今日も、いい天気で、トマトも久しぶりにたくさん取れました。
 5月24日 井戸掘り始まる
 天候も良くなり、今日から井戸掘り工事が始まりました。
 水耕栽培にとって、水は命。この辺は、2mも掘れば、もう水が出るような地下水の豊富な所。30mくらい掘ると、とても良質な地下水が手に入ります。
 5月18日 基礎工事終了
晴れ間を縫うように、基礎工事が進められています。雨が多くて工事業者の方々も大変。
 でも、だん取り良く、手早い仕事に「いい仕事、してますね〜」と叫びたい方々で、プロの仕事師に感謝しています。
 私は、プロのトマト屋になれているのかな〜。
 5月17日 残念な知らせ
 今日、ハウス業者より残念な知らせが届きました。
ハウスの鋼材が、当初5月25日に搬入予定していたのが、6月10日までどうしても延びてしまうとの事。中国の好景気のあおりで、鋼材が中国へ流れてしまい品不足で、なかなか入ってこないそうです。
 6月末工事完了予定を、10日間延ばしてほしいと要望がありました。どうにもならない事なので承諾。
 今年の梅雨は、あまり雨が降らないことを祈りたい。
 
 5月16日 タンク到着
 奈良の業者より午前中に、水耕のタンクが納入されました。5mの長さがあり、約5トンの水をためることが出来ます。水耕栽培における、中枢的設備で、地下に埋設して、使用します。
 5月1日 土盛り完了
4月後半に雨が続き、なかなか思うように工事が進まなかったのですが、ようやく土盛り工事が完了しました。およそ500坪の面積があり、なかなかの広さです。
 妻の妹が勤務している会社にお願いして工事していただきました。社員価格で奉仕いただきました。
 感謝、感謝。m(__)m
 4月18日 いよいよ工事が始まりました。
 今回増設するハウスは、2連棟ハウス(屋根がギャクWの形)で、横20m縦69mの大きさです。自宅横の田んぼを埋立し、建設する事となりました。
 今日から埋立工事が始まり、10トンダンプ40台分の山砂が運び込まれました。
 ご先祖様から大事に受け継いできた田んぼ。粗末にすることなく、少しでも多くの方々に喜んでいただけるトマト作りにまい進してまいります。