有機栽培と水耕栽培のちがい
 有機栽培とは
  
   一般に有機栽培で育てられた作物が理想とされ、高値で珍重されていますが、有機栽培とは、どんな栽培法を言うのでしょうか。有機栽培とは、化学肥料を一切使わず、食物残渣や家畜糞などの有機質を醗酵させて、肥料として使用する栽培法です。良質の有機質の調達や、醗酵させるという作業に結構手間がかかるためなかなか普及していません。
 ではなぜ、化学肥料を使わないこの手間のかかる有機栽培がよいとされているのでしょうか。土の中には、何千種類もの微生物がいますが、良質の醗酵させた有機質を投入することで、土中の微生物の環境を改善し、善玉菌の多い植物にとってすみ良い土になると考えられます。そしてこの善玉菌がゆっくりと有機質を分解し、化学肥料と同成分を作り出し、これを植物が吸収し成長する事になります。 
  化学肥料による栽培では、善玉菌による分解という手間が要らないため即効性はありますが、長い肥効が望めないため追肥が必要になるし、土中の微生物に偏りが出来て連作障害や根の病気の発生などの弊害が現れます。有機栽培でも、醗酵が不十分だったり腐敗した有機質では根に悪害を及ぼすこともあります。
 
  ここからは、私の仮説なのですが、善玉菌が有機質を分解する過程で、私はアミノ酸も作り出されると考えています。通常アミノ酸は植物の体内で生成され光合成などのエネルギーとして使用されるとされていますが、有機栽培では、根からもアミノ酸を吸収し、より光合成が活発になり、おいしい作物が取れるのではと思っています。
 水耕栽培ではどうでしょう
 プラントの仕組み
 
  水耕栽培といってもいろんなしくみがありますが、私たちのシステムで説明したいと思います。水耕栽培では、一切土を使用せず、ほぼ無菌に近いきれいな水に、植物にとって理想とされるバランスの肥料を溶かし込み、植物を育てています。
 液肥層では、常に肥料濃度を測定し、理想濃度に調整するとともに、水温も適正温度にコントロールしています。したがって水耕栽培では、善玉菌の手を借りずに植物の根にとって理想の環境を作り出しています。そのため、私たちのシステムでは土耕栽培の1.5倍の収量があげらるとされていますし、養液は、完全循環型のため、廃液もなく環境にやさしいシステムとなっています。
 私たちの農場では、この養液内に海洋深層水を投入することで、適度な塩害ストレスをトマトに与え、おいしトマトを栽培することに成功しました。
 では、有機栽培で私が仮説したアミノ酸については、どうしているかというと、あらゆるアミノ酸の中から植物にとってもっとも吸収しやすいアミノ酸を見つけ出し、利用しています。そのため、これが塩害を与えられたトマトとは思えないほど元気に育っていますし、有機栽培のトマトとなんの遜色もないトマトとなっています。
  つまり、有機栽培も水耕栽培も行き着くところは同じと考えられます。

 私たちも、有機栽培が究極の循環型農業であると思っています。しかしながら私たちの農地の状態では、現在のところ、有機栽培でおいしいトマトを作る事には無理があると考えています。というのは、私たちの農地の周りは100パーセント水田で、土地の水位が高く水切り栽培が出来ないと思われます。
  しかし、何時の日かそのような条件が克服できた折には、挑戦したいと考えています。
トップへ 次ページへ

〒932-0806   富山県小矢部市水落70番地1 (有)ひかりファーム
tel & Fax : 0766-67-1786
 問合せメール
Copyright(C) 2001-2004 HIKARI FARM All rights reservd