トマトを通して、笑顔をお届けします!  
 トマトのお勉強
トマトって何?
トマトは、ナス科の植物。ジャガイモやピーマン、タバコに唐辛子も同じ仲間。
日本では1年草だが、熱帯地方では、多年草。ハウスの中だと2年くらいは、
    ヘッチャラ!で伸びつづけます。
トマトの原産地って、どこ?
いろんな説があるようだが、メキシコ説がもっとも有力らしい。メキシコでアステカ文明が栄えたころ、ほおずきに似たトマトを栽培し、トマトル(膨らむ果実)と言う言葉をつけ、この言葉がトマトの語源になったようです。その後トマトは、ペルー、ボリビア、エクアドルなどの中南米の高冷地で栽培が進み、15世紀後半にコロンブスが、西欧に持ち帰ったとされています。
 イタリア人は偉かった!
 その後、黄色や赤のトマトが、イギリスで観賞用に栽培されたが、18世紀にイタリアで改良が進み、
食用に普及しました。トマト大消費地のアメリカですら、19世紀までトマトには毒があると信じてい
ました。
 日本への渡来は?

 17世紀にオランダ人が持ち込んだようですが、独特の臭みが日本人の口にあわず、なかなか普及
しませんでした。この厚い壁に立ち向かったのが、「カゴメ」創業者の蟹江一太郎氏。明治36年
には、日本発のトマトソースの製造に成功し、その後トマトケチャップ、トマトジュースと開発、販売を
進展させたようです。今では、日本でも野菜の売上高ナンバー1の1800億円弱を誇っています。
トマトは野菜?それとも果物?        
  アメリカでは、1793年当時、果物には関税がかからなかったために、果物として持ち込んだ業者と役人との間で、最高裁まで争われました。結果は「野菜」。「トマトは、キュウリやカボチャのように野菜畑で育てられた野菜。食事中にだされるが、デザートにはならない。」と書いてあったそうです。
 日本では、「果菜類」と分類され野菜として扱われますが、メロンやスイカはどっち?そして
私たちの作る、フルーツトマトも野菜なんでしょうかねー。
         
トマトは畑の調味料!
トマトは、グルタミン酸(昆布に含まれるダシ)が多く
肉や魚のイノシン酸と合わさると、 とても良いコクとうま味を出してくれます。
そのためイタリア料理では、欠かせない食材になったようです。ここでもイタリア人は偉い
トマトがくなると、医者がくなる!
マトはビタミン、ミネラル、食物繊維がバランスよく含まれてい上に、
低カロリーでダイエットにもお勧めの食材
そして今注目を集めているのがトマトの赤い色素リコピンパワー!
リコピンは抗酸化物質で、人間の体に悪影響を与える活性酸素を退治してくれる。
そのパワーは、βカロチンの2倍ビタミンEの100倍
トマトをたくさん食べるイタリア人に大腸がんが少ないのもこのリコピンのおかげ!
しかもこのリコピン、熱にもめっぽう強いので、トマトジュースやケチャップ
からもシッカリ取る事が出来るスグレモノ!
美味しいトマトの見分け方、イロイロ
 1.まず持ってみて、肉質が堅くズッシリ重い事
  一概には言えませんが、糖度が6.5度以上のトマトは水に沈むとされています。美味しいトマトほど       
 比重が高く、ドブーンと迷わず水に沈んでいきます。
 2.赤色がとても濃い事
  美味しいトマトは、緑から一度黄色に変わった後、赤くなります。たいていヘタの付近から赤くなり、
  先端に黄色身が残ったトマトなど最高です。美味しいトマトは実がしまっている為リコピンも多く
  赤くなった時の色が、異常に濃く感じます。
 3.先端からシッカリした星状の筋が見える事
  この筋は、しまったトマトの証拠、筋が長いほどいいようです。
 4.表面に白い斑点が見えない事 
  ヘタの周りだけなら良いのですが、全体に斑点が見えるものはまず美味しくありません。

 春先のトマトには、これ本当にこの値段でいいの?と言うトマトが紛れ込んでいます。上記のような
 見分け方をマスターして、お買い得トマトをゲットしてみてください。
美味しいトマト、ひかりファーム版
トマトのお勉強、リンク
カゴメトマト大学 タキイ野菜なんでも百貨 協和、あなたも水耕栽培に挑戦してみませんか?
トップへ
〒932-0806   富山県小矢部市水落70番地1 (有)ひかりファーム
tel & Fax : 0766-67-1786
 問合せメール
Copyright(C) 2001-2004 HIKARI FARM All rights reservd